卒業後教育プログラムの充実

プリセプターとしてマンツーマンでの育成の他に、組織での育成プランもあります。
しかし、面倒をみるのはやはりプリセプターです。
研修で学んできたことを、どのように反復させるか?はじめてのプリセプターは難しいものだと思いますが、「新人に教える」ということで自分自身も成長することができます。プリセプターの仕事は奥深いのです。
育成は、新人看護師を担当する指導者だけでなく、院内の職員全員で見守り育てていく、そういった暖かく心強い組織の雰囲気作りも期待されています。
新人ナースの教育プログラムについて紹介します。

● 新任教育の環境が整っている

看護師学校を卒業後、「就職したい病院」をどのように選んだら良いでしょうか。
近頃では「専門性」「高学歴」が看護師に求められています。そのためより「専門性の高い病院」を目指したらよいのではないかと思ってしまいますが、初めて看護師として勤めるならば、「新任教育のプログラムが整っている病院」を選ぶことが大切です。看護学校を卒業した時点では「看護の基礎」を学んだ状態です。本格的な看護の勉強は、就職後に行う「卒業教育プログラム」に沿って学びながら一人前のナースになっていきます。ベテランの看護師となるまでには少なくとも5年はかかるそうです。新任教育が終わると、次は1年目・2年目・3年目の研修があります。医師や先輩ナースに現場で教わりながら、皆さんの協力の上で看護師として育っていくことが出来ます。将来より高い目標を実現させるためにも、「新任教育の環境が整っているかどうか」について関心を持って職場探しをしてください。

● 新任教育プログラムとは

新人看護師が具体的な医療技術を身に着けるための研修や、看護理念などの学習を通して、病院の職員として環境に速く適応し、それぞれの役割について自信をもって行うことが出来るようにするための教育プログラムです。新人看護師にとって初めて現場に立ち、患者の命を預かる立場であるということを強く感じすぎてしまう「リアリティーショック」を受けることがあります。そのショックを和らげるための教育プログラムでもあります。基礎基本の看護技術について学びます。医療現場でよく行われる「点滴・注射」「内服薬の管理や投薬」などについてしっかりと学びます。5から6人でのグループ学習になります。さらに、オリエンテーションなどもあり、仲間との連帯感も生まれ、共に支えあうことが出来るようになります。研修は各月(あるいは3か月ごと)に「達成する目標・身に着ける技術」があり、それをひとつずつ達成していくことで次第に自信がついてきます。

● 新人看護職員研修ガイドライン

平成22年度から、厚生労働省は「新人看護職員ガイドライン」の努力義務化が提示されました。看護師の新人研修について研修体制を構築し、研修を実施するにあたり、国の助成金が得られるようになりました。 研修方法、研修評価、教育担当者や実地指導者の項目に関してガイドラインに準じて提示されています。研修の細部の内容に関しては各所属機関の特性に合わせて内容や方法の自由なアレンジが可能です。「評価」が目標ではなく、新人看護師が目標をもって、現場で役立つ看護技術や知識を一つずつ確実に身につけていき、様々な状況に応じた処置に対して自信をもって行うことが出来るようにするための研修です。また、新人看護職員の研修は数人をグループとして、教育担当者・実地指導者を指定することで組織的な教育体制が出来るようになっています。

● 卒後1年目・2年目・3年目研修とは

「卒後1年目研修」は卒後1か月の研修から始まり、3か月ごとに具体的な医療技術や理念について段階的に学んでいきます。たとえば、「1か月後研修」では、心電図モニター、除細動器、人工呼吸器などの基本的な取り扱いや心臓マッサージなどについて。「3か月後研修」では、職場になじみ基礎的な看護技術が行えているかについて振り返り、課題と目標を明確化する……。このように「取得技術」と「看護師として順応していくための段階的な支援」が行われていきます。

「卒後2年目研修」では、通常の看護師としての業務の基礎基本がしっかりと身についたうえで、「リーダーシップ」の研修、「ケーススタディー」患者さんの疾患に応じた適切な看護実践のための計画と実践について学びます。

「卒後3年目の研修」では、より専門的な分野での看護の実践と理念について学んでいきます。

★新人看護職員研修ガイドライン 厚生労働省
⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/oshirase/dl/100210-3.pdf

★ 新任看護師の一年
「新任教育とは」
⇒ http://kango.hosp.keio.ac.jp/education/firstyear.html

★ 新任研修の目的と例
⇒ http://www.kobe-century-mh.or.jp/recruit/nursing-department/program.html

★ 新人教育「新人ナースの成長記録」
⇒ http://www.hospital-isahayasougou.jp/kango/newnurse.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です